仁vsマルモ。日曜夜の仁義なき戦い。 - リアルエンタメスクープ。芸能界・芸能人情報を発信。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

仁vsマルモ。日曜夜の仁義なき戦い。

今、日曜午後9時のドラマ戦争が熱い。

マルモJINの視聴率バトルが勃発。

日曜劇場 JIN -仁- オフィシャルガイドブック
マル・マル・モリ・モリ!

「前作でも高視聴率を記録したTBS系『JIN−仁−』が初回23・7%を記録。フジテレビの『マルモのおきて』は一ケタが当たり前だった同時間帯のドラマにしては11・6%と大健闘したものの『仁』との差は埋めがたいと思われていたのだが…」
(ドラマ制作関係者)

その後も「JIN」の視聴率は平均して18%台をキープするものの、徐々に「マルモ」が追走。

11日放送の回では「JIN」が19・2%、「マルモ」が16・8%で初回から大幅に差が縮まったが、人気の秘密は主題歌にあるというのだ。

「主演の天才子役・芦田愛菜ちゃんが振り付きで歌いエンディングテーマ『マル・マル・モリ・モリ!』のCD売り上げはすでに10万枚を突破。かわいらしい振り付けが子供たちを中心に人気で、早くも年末の紅白への出場が当確と言われている。フジテレビの夏のイベント『お台場合衆国2011』でもドラマが終了しているにもかかわらず、イメージソング的に使われるようだ」
(レコード会社関係者)

“マル・モリ旋風”のおかげでドラマの視聴率も右肩上がりだが、なんと他局も旋風の恩恵に預かりたいようだ。

「もともと芦田はテレビ朝日の『犬を飼うということ』に出演するという前提で1月に『徹子の部屋』に出演させた。ところが、土壇場で『マルモ』と両天秤にかけ、条件のいい『マルモ』の方を選んだため、一時期は出入り禁止にした。ところが、同局幹部は『マルモ』のあまりの人気ぶりに『なんとかうちにも出てもらいたい』となり、音楽番組『ミュージックステーション』で『マル・モリ』が取り上げられた。同番組への出演も近いのでは。また、日テレは何本かドラマに出演させ、情報番組でも同曲を積極的にPRしている」
(同)

ところが、TBSだけは事情が違うようだ。

「本来ならば人気にあやかりたいところだが、『JIN』のライバルドラマに主演する芦田を取り上げるわけにはいかず、情報番組が密着取材したVTRがお蔵入りになった。今や、TBSは“マル・モリ旋風”に恐れをなし、『JIN』の制作陣はこのまま視聴率バトルで逃げ切れるか不安でいっぱい」
(芸能記者)

19日の両ドラマの視聴率が楽しみだ。

記事出処:リアルライブ

戦いはどちらに軍配があがるか?

私はJIN派です。

果たして龍馬は助かるのか?そして歴史を
変えることは出来るのか?

面白くなって来ました!!
⇒リアルエンタメスクープ。記事一覧 相互リンクについて

UP人気タレント情報、芸能人ブログが大集合芸能界のうわさ

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
人気記事
    リアルエンタメスクープ。最近記事
    フォレックス・ドットコム