小池栄子がついに宇宙一のメロンパイを解禁!? - リアルエンタメスクープ。芸能界・芸能人情報を発信。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

小池栄子がついに宇宙一のメロンパイを解禁!?

現在は舞台や映画を中心に活躍している小池栄子

91センチFカップの巨乳「宇宙一のメロンパイ」巨乳
武器に、グラドルとして活躍していたのも昔の話。

この「宇宙一のメロンパイ」が再び、それもナマで
拝める日が来るかもしれない、という噂。


東スポによれば「愛する夫のため」にこの乳を解禁するのではないかとされている。

"脱ぎ"が予想されている作品は、映画『ルパン三世』か『花と蛇』の続編だというが......。

「『花と蛇』続編出演のオファーについては、小池がすでに断っているという話を聞きますので、脱ぐとしたら『ルパン三世』か、はたまたその他の作品か......」
(芸能関係者)

記事には、小池はこの映画『ルパン三世』でお色気キャラの峰不二子を演じることが決まっており、さらにその中で大胆な濡れ場に挑戦する可能性も......とある。

そしてその"脱ぎ"を後押しするのは、夫である格闘家・坂田亘の抱えている借金のためではないか、とみているようだ。

それによれば坂田には数千万円の借金があり、主戦場だった『ハッスル』も消滅したことで、妻の小池が一肌脱ぐのでは、とされている。

この坂田の借金については、かつて各スポーツ紙や週刊誌も記事にしていた過去がある。

2009年12月に報じられた内容によれば、倒産した岐阜のパチンコ関連会社の経営者が、法人税を滞納しており、坂田がその経営者に対して6,000万円の借金をしていたとして、それを差し押さえる処分をした。

この差し押さえ処分の取り消しを求め、岐阜県を訴えた、というのだ。

そしてその後、坂田はこの訴えを取り下げたが、実際には債務は残っている、というのである。

そのため、離婚の危機ではないか?と噂されていた。  

だが代理人である弁護士によれば、坂田には債務はなく、訴えを取り下げたのは法律的な不利益がないからだ、と、言い分は全く異なっていた。

さらに10年に9月には、この「金銭トラブルで離婚危機」と報じた報知新聞社を相手取り、小池夫妻とその所属事務所「イエローキャブ」が2億8,000万円の損害賠償を求める裁判を起こし、7日には東京地裁で第1回口頭弁論が開かれた。  

このように実際は、夫の借金報道に対して強い反論の姿勢を見せているものの、借金からの脱ぎ、という見方は依然としてあるが......。

「借金の有無に関わらず、作品に必要だと判断したならば脱ぎのオファーも快諾するのではないでしょうか? 小池はグラビアからスタートしましたが、現在では舞台や映画での活躍が目立っており、出演作も多い。今年公開された『八日目の蟬』でも、メインキャストの井上真央や永作博美の演技とともに、小池の演技も高く評価されています。例えば男女のカラミのシーンなんかで必要があるにもかかわらず、あえて脱ぎを拒むようなタイプにも見えませんし、近々期待できるんじゃないでしょうか」
(芸能ライター)

08年の映画『接吻』では毎日映画コンクール女優主演賞を受賞した過去もあり、演技派としての地位をすでに確立している小池。

プライベートの状況に関わらず、今後、作品に必要な"脱ぎ"の場面が訪れたならば、迷わずその"宇宙一のメロンパイ"を解禁する心積もりはできているのではないだろうか。

記事出処:メンズサイゾー

脱ぎは生物です。

時間が経てば経つほど商品価値が落ちてしまいます。

脱ぐなら今しかない!

夫の借金の為、胸の1つや2つ解禁してもいいのでは?
⇒リアルエンタメスクープ。記事一覧 相互リンクについて

UP人気タレント情報、芸能人ブログが大集合芸能界のうわさ

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
人気記事
    リアルエンタメスクープ。最近記事
    フォレックス・ドットコム