みのもんたのリストラ原因は1本120万の高額ギャラが原因。 - リアルエンタメスクープ。芸能界・芸能人情報を発信。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

みのもんたのリストラ原因は1本120万の高額ギャラが原因。

みのもんたリストラ!?

「真実発掘ミステリー 歴史はこうして作られる」の
エンディングで周囲を驚かせたみのもんた。

リストラの原因は高額なギャラが原因?!


その後、10月4日付、『東京スポーツ』で、みの本人が

すべての契約が来年3月に終わることになった

と明かし、騒動は一気に拡大した。

レギュラー番組に加え、『クイズ$ミリオネア』(フジテレビ系)など4つの特別番組、文化放送のラジオ番組『みのもんたのウィークエンドをつかまえろ!』の全8番組の契約更新の話がいまのところまったくなく、それは、事実上の引退だというのだ。

この“リストラ”の舞台裏には、テレビ局側の深い事情があるようだ。

まず、いちばんの理由としていわれているのが、高額なギャラだ。

本人も

「おれからはいえないけど、そうじゃないの?」

と、テレビ局側の経費削減説を指摘している。

「一時は1本200万〜300万円、最近でも100万〜120万円といわれている彼のギャラは、局にとっては高すぎます。いままではそれでも視聴率が伴っていたからよかったんですけどね。テレビ局も広告収入の減少で経費削減が求められていますし、そもそも局アナを使えばタダになりますから」
(番組関係者)

実際ここ数年、各局の厳しい台所事情のため、リストラにあった大物司会者たちは枚挙にいとまがない。

鳥越俊太郎(71)、福留功男(69)、大和田獏(60)、田丸美寿々(59)、小宮悦子(53)らかつての売れっ子たちは、いまや表舞台から遠ざかってしまった。

コラムニストの今井舞さんがこう説明する。

「クビっていいづらいからと、大物を使い続ける時代は、そろそろ終わり。客寄せパンダの役割で置いていたのに、寄せられなくなったら、何の意味もありません。しかもギャラが高ければなおさら。いってみれば、テレビ界の断捨離ですよね」

記事出処:NEWポストセブン

昔なら、高額なギャラを払ってでも出演して欲しいと
思われていたでしょうが、時代は変わります。

ギャラに見合った仕事をしなければ、例え大物であろうと
クビの対象に。

それが大人の世界です。
⇒リアルエンタメスクープ。記事一覧 相互リンクについて

UP人気タレント情報、芸能人ブログが大集合芸能界のうわさ

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
人気記事
    リアルエンタメスクープ。最近記事
    フォレックス・ドットコム