人気子役の愛菜ちゃん。現場では芦田さんと呼ばれている。 - リアルエンタメスクープ。芸能界・芸能人情報を発信。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

人気子役の愛菜ちゃん。現場では芦田さんと呼ばれている。

ドラマ「マルモのおきて」で大ブレークした
人気子役の芦田愛菜

先日放送された同ドラマのスペシャル版は
平均16.7%の高視聴率を記録。

愛菜ちゃんが数字を持っている事が分かった。


SMAP木村拓哉主演のTBS系ドラマ『南極大陸』にも、愛菜ちゃんは人気に陰りの見え始めるキムタクサイドから三顧の礼を持って迎え入れられたという。

子どもを使って視聴率を稼ぐという行為は古くからの手法ではあるが、現場での愛菜ちゃんの振る舞いは意外にも大人顔負けなのだという。

「愛菜ちゃんは以前から劇団に入っており、小さいのに役者としてのプロ意識は人一倍。現場で笑顔を振り撒き、キムタクをトリコにする一方、スタッフやADが露骨に子ども扱いするとムスっとするんです」
(テレビ関係者)

台本も前日までにちゃんと読むなど勉強熱心。

にも関わらず、スタッフが「ちゃんと(台本)覚えてきたかな?」とでも言おうものなら、愛菜ちゃんは「覚えてきたよ!」と語気を強めるという。

「現場で彼女のことを『愛菜ちゃん』と"ちゃん付け"で呼べるのは、共演する役者さんだけ。事情を知っているスタッフは『芦田さん』と呼んでいますよ。これは本人だけではなく、彼女の両親の意向も働いているそうです」
(芸能プロ関係者)

愛くるしい姿とは対照的に、愛菜ちゃんの心はすでに"大人"なようだ。

記事出処:日刊サイゾー

子供と言えどプロの女優さんです。

子供だからとバカにしてたら痛い目に合いますよ。

数字を持ってるのは確かですから。
⇒リアルエンタメスクープ。記事一覧 相互リンクについて

UP人気タレント情報、芸能人ブログが大集合芸能界のうわさ

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
人気記事
    リアルエンタメスクープ。最近記事
    フォレックス・ドットコム