KEIKOくも膜下出血で手術。globeの活動はどうなる? - リアルエンタメスクープ。芸能界・芸能人情報を発信。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

KEIKOくも膜下出血で手術。globeの活動はどうなる?

小室哲哉で歌手のKEIKOが24日夕方、都内の
自宅で倒れ、病院に緊急搬送された。

意識はあり、命に別条なし。

小室が付き添って状態を見守っているという。


「KEIKOは今年5月発売の小室のソロアルバムにK-C-O名義でゲストボーカルとして参加。今月26日に発売されるコンピレーションアルバムで、藤井フミヤの『True Love』をカバーするなど、歌手活動を行っていたが、それほど仕事は多いわけではなかった」
(レコード会社関係者)

KEIKOは95年8月、小室が主催したオーディションに合格し小室とモデルだったマーク・パンサーとの3人組ユニット「globe」のボーカルとしてデビュー。


当時は小室がプロデュースする“小室ファミリー”の全盛期とあった96年3月発売のアルバム「globe」は400万枚超のセールスを記録。

02年11月に小室と結婚し公私ともにパートナーとなったが、その後、業界的にダウンロードの発達でCDが売れない“音楽不況”に陥りglobeのCDセールスも低迷。

そして、小室が事件を起こした。

「08年11月、小室が知人への著作権譲渡を巡って5億円をだまし取ったとして大阪地検特捜部に逮捕・起訴され、09年5月に懲役3年、執行猶予5年の判決を下された。所属レコード会社・エイベックスの松浦勝人社長が被害者への弁済金などをポケットマネーで肩代わり。前借りしたプロデュース料など同社に10億以上の借金がある」
(芸能記者)

となれば、このところ活動休止状態のglobeの本格的な活動再開が臨まれるが、難しそうだ。

「マークの妻が薬物で逮捕・起訴され実刑判決を受けたり、自ら役員に入っていたマルチ商法の会社が問題視され、テレビ局でglobeは“出演NGリスト”に入っている。小室が先日出演したテレビ番組で明かしたところによると、マークはフランスでワイン作りをしているという。もともと香港でもつ鍋屋を経営し今やすっかり実業家」
(同)

記事出処:リアルライブ

病状は「くも膜下出血」だったそうで、5時間にわたる
手術を受け、無事成功。

今は意識が戻り、1ヶ月の入院を予定だそうです。

後遺症が心配ですね。
⇒リアルエンタメスクープ。記事一覧 相互リンクについて

UP人気タレント情報、芸能人ブログが大集合芸能界のうわさ

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
人気記事
    リアルエンタメスクープ。最近記事
    フォレックス・ドットコム