朝日新聞にコケにされたSMAPキムタク「南極大陸」。 - リアルエンタメスクープ。芸能界・芸能人情報を発信。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

朝日新聞にコケにされたSMAPキムタク「南極大陸」。

秋ドラマが盛り上がり、新聞や雑誌も大特集を組んでいる。

朝日新聞も「放送記者座談会」を掲載。

18作品の初回を見て採点しているのだが、木村拓哉主演の
南極大陸」の評価がボロボロ。


今クール一番の話題作。

制作費も、ほかのドラマの2〜3倍はかけている。

しかし、放送記者5人が3位までを選び、1位に3点、2位に2点、3位に1点を与える順位表を見ても名前はない。

ランキング1位は視聴率も独走中の「家政婦のミタ」(日テレ)の9点。

2位は6点の「11人もいる!」(テレ朝)で、7位の「謎解きはディナーのあとで」(フジ)の1点までがランクインしているが、「南極」は0票で圏外だった。

座談会でも、主演の木村をこき下ろしている。

〈チームを描く群像劇のはずが、木村拓哉の話になってる〉
〈キムタクのPVみたい〉
〈彼の周りだけ時代が平成。昭和の話なのに〉
〈地質学者に見えない〉

と散々なのだ。

一方で、共演者については、犬までも〈好演してる〉と持ち上げている。

「お付き合いもあるから、辛口のあとはフォローしたりする。しかし、それで褒めた相手が犬とは……。よほど木村が酷いということです」
(マスコミ関係者)

同じように13作品を対象にした読売新聞の座談会では、記者5人中2人が「南極」に5つ星の満点を与え、

〈力作だ〉
〈極地に向かう人々の努力はやはり胸にしみる〉

としているだけに、朝日新聞の酷評ぶりが際立つのだ。

もっとも、茶の間の感想は朝日新聞に近いようで、視聴率は典型的な右肩下がりをたどっている。

初回こそ22.2%を記録したが、その後は19.0%、16.9%、15.8%とつるべ落とし。

「木村に気を使って、スタッフも数字を言わないようにしている」
(関係者)

なんて話も伝わってくる。

記事出処:ゲンダイネット

朝日新聞と読売新聞では評価が全然違いますね。

朝日新聞はよっぽどキムタクの事が嫌いなのか?

1つ言えるのはキムタクだけを責めるのに疑問。

番組もドラマもチームで作るものですので、
全員の責任でなければおかしいです。

今年の秋ドラマNO1は「家政婦のミタ」で決まりでしょうね。

残念ながら「南極大陸」は朝日新聞の評価の通り、
視聴率は右肩下がりです。
⇒リアルエンタメスクープ。記事一覧 相互リンクについて

UP人気タレント情報、芸能人ブログが大集合芸能界のうわさ

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
人気記事
    リアルエンタメスクープ。最近記事
    フォレックス・ドットコム