赤西仁、全米デビュー売り上げ赤字は日本で資金回収。 - リアルエンタメスクープ。芸能界・芸能人情報を発信。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

赤西仁、全米デビュー売り上げ赤字は日本で資金回収。

約10カ月ぶりとなるシングル「Seasons」を
12月28日に日本で発売する赤西仁

DVD付の「初回限定盤」とフォトブックレット付の
「通常版」で日本向けに書き下ろしたバラードに。


また、同時に来年1月7日、横浜アリーナにてファンイベントの開催も決定!

こちらは12月7日にJIN AKANISHI名義で発売されるミニアルバム『TEST DRIVE featuring JASON DERULO』の初回限定盤、通常盤の2つを購入すると「優先的なイベントチケット購入権」が抽選であたるという仕組みで、イベントの模様は米・ロサンゼルスの会場でも同時中継されるという。

「収益を狙って、本気を出してきましたね」

と話すのはジャニーズに詳しい記者。

11月8日、念願の全米デビューを果たし、米iTunesダンスチャート1位を記録、総合チャートでも15位と華々しいスタートを切った赤西だが、実はこの曲、売り上げとしてはほとんど赤字に近い状態だという。

「すでに知られているとおり、アメリカでは有料音楽配信限定で配信され、4曲で1.99ドル(日本円で約154円程度)の低価格だったこのミニアルバム(既報)。イベントやプロモーション、PVの作成、さらにコラボしたジェイソン・デルーロに払う金額を考えれば、自ずと結果は分かるでしょう。実際、ダンスチャートでもすぐに順位は落ちてしまいましたからね」
(音楽業界関係者)

ちなみに、本人が「1位をとりたい」と豪語していたビルボードチャートでは、アルバムチャートで200位圏外、シングルチャート100位圏外というガッカリな結果に。

ビルボードチャートには有料音楽配信の数もカウントされるはずなのだが、まったく圏外になってしまった。

この結果には

「熱心な赤西ファンがUSアカウントを不正に取得してダウンロードしたことがバレて対象外とされたのでは?」

との憶測もささやかれているが真実かどうかは定かでない。 

「ちなみに、19日夜にはロスのクラブでファンも参加OKの"リリースパーティ"が行われたんですが、本人は最初に少し挨拶したのみで、すぐにVIP席に引っ込んでしまいました。元気そうな姿が見られたのはうれしいけど、少しは歌ってくれるのかな? とか期待していたので拍子抜けでしたね」
(LA在住の30代女性)

意気込んでリリースしたものの、今ひとつ不発に終わったことが彼の中で尾を引いているのだろうか。

今後も、あくまでもアメリカを拠点に活動を続けていくことを希望しており、来年3月からは全米ツアーも予定されているといううわさだが......。

1月のイベントでファンと接し、英気を養ってくれることを信じたい。

記事出処:サイゾーウーマン

意気込みも不発で終わった赤西仁。

やはり全米デビューは無理があるのかな?

今後もアメリカを拠点に活動してくみたいですが、
先行き不安ですね。

彼とは違い由紀さおりの人気が凄いですね。
アメリカのiTunesで1位を獲得です。


本物は宣伝活動などしなくても結果出ます。
⇒リアルエンタメスクープ。記事一覧 相互リンクについて

UP人気タレント情報、芸能人ブログが大集合芸能界のうわさ

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
人気記事
    リアルエンタメスクープ。最近記事
    フォレックス・ドットコム