ジャン・レノの実写版「ドラえもん」役の裏事情。 - リアルエンタメスクープ。芸能界・芸能人情報を発信。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ジャン・レノの実写版「ドラえもん」役の裏事情。

トヨタ自動車の新CMの実写版の「ドラえもん」役を
ジャン・レノが演じ、話題になっている。


CMの設定は、「ドラえもん」の20年後。

青い帽子、青いジャケット姿のジャン・レノが、マンガと同様、引き出しから姿を現し、のび太役の妻夫木聡に「のび太くん、久しぶり」と声を掛ける。

ハリウッド俳優はCMを“格下”とみて出演を避けるのが一般的。

「グラン・ブルー」や「レオン」で知られる名優ならなおさらだ。

“着ぐるみ芸人”のような格好でCMに出てイメージダウンにならないのか。

「日本でCMに出演しても自国で放送されることはないとみているのでしょう。それに日本の映画市場は規模が大きい。CM出演で注目度がアップすれば、今後の出演作もヒットが期待できます。スクリーン上と異なる顔を見せて、イメージのギャップを“演出”して視聴者をひきつける戦略です」
(CM総合研究所)

確かに日本のCMでは、ハリウッドの二枚目俳優が、三枚目を演じるのがパターン化している。

アーノルド・シュワルツェネッガーは栄養ドリンクのCMで「ダイジョーブイ」と絶叫していたし、缶コーヒーのCMでお馴染みのトミー・リー・ジョーンズはもはやコメディアンだ。

ただ、景気低迷に合わせるように、ギャラは下降線をたどっている。

「一時は手軽に億単位のカネを稼ぐ手段として欧米俳優のCM出演が相次いだ。しかし、バブル崩壊後はその高額なギャラがネックになり、日本の外タレCM市場は韓流スターに取って代わられたのです。その傾向は今も続いていて、ジャン・レノのクラスでもギャラは3000万〜5000万円でしょう。ただ、今は超円高。外タレは円建てで契約し、帰国してドルやユーロに戻せば実質的に実入りが増える。ウハウハなのです」
(広告業界関係者)

記事出処:ゲンダイネット

ジャパンマネーに目が眩んだか?

お金の為ならプライドも捨てる。

このギャップイメージが吉と出るか凶とでるか!?
⇒リアルエンタメスクープ。記事一覧 相互リンクについて

UP人気タレント情報、芸能人ブログが大集合芸能界のうわさ

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
人気記事
    リアルエンタメスクープ。最近記事
    フォレックス・ドットコム