V6三宅健の熱愛報道でファンが暴走し被害あった人物。 - リアルエンタメスクープ。芸能界・芸能人情報を発信。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

V6三宅健の熱愛報道でファンが暴走し被害あった人物。

今月2日発売の「女性セブン」で、ブラジル出身の
モデル・大屋夏南との熱愛を報じられたV6三宅健

この報道を巡りファンが暴走。


約2カ月前にも一般人女性との"都バスデート"をフライデーされたばかりだが、今回は相手が有名モデルだったこと、さらに三宅が彼女の自宅マンションへ"お泊まり"したという報道でもあり、ショックを受けたファンも多かったよう。

双方の事務所も「プライベートなことは本人に任せています」と肯定も否定もしていない状態であり、今後の動きが気になるところだ。

「三宅は昔から女友だちが多く、ツーショットで出かけることも構わないタイプ。もしかしたら男友だちよりも女友だちと過ごす方がラクなのかもしれないですね。変装もせず、ガードも緩いから、仕事がない期間はTwitterやブログで毎日のようにいろんな女性との目撃情報があがっていますよ」(女性週刊誌記者)

結局、そんな彼の自由奔放な行動が、マスコミの格好の餌食となってしまっているようだが、その影で秘かに"被害"に遭ってしまった人物がいる。

それは舞台『ULTRA PURE!』での共演以来、三宅と友人関係にある俳優の福島カツシゲ氏だ。

2010年6月、三宅が元"ワンギャル"河村和奈との熱愛を報じられた際には、自身のブログで

真実がないまま、よく平気で書けるな、あの三流週刊誌

などと過激な言葉を交えつつもふたりの交際をきっぱり否定し、ファンから感謝されていた福島氏。

実は、昨年の「都バスデート」の際も......

「もちろん、オレが言う筋合いではないけど、2人とも知り合いやしなぁ。まず、写真撮って、オレに聞きに来てくれたらええのに 『この人彼女ですか?』って。もちろん、その時点で、知らない女子やったら、オレが電話して聞くけど。今回の金曜日さんも、残念」

と、第三者ながら自身のブログできっぱりと否定。

「前回の時もそうですが、カツシゲさんの言葉に健君ファンは支えられています」
「健くんには強い味方がいてうらやましいです」

と、ファンからお礼が寄せられる展開となっていた。

しかし、こうしたことが続けば、過剰に期待してしまうのがファン心理なのだろうか。

今回のスキャンダルについてブログで触れずにいた福島氏に対して、一部のファンからこんな挑発的なコメントが......

「今回も三宅くんの言い訳するんですか?しないとガチだってばれますよ? 」
「三宅くんは自由な人に見えると思うけど、あなたが思っているよりジャニーズは大変複雑です。今回のことはどう解決してくれるのか楽しみにしてますね。」

これを受け、意に反して重い口を開かなければならない状態になってしまった福島氏は2月2日「たしかに、、、ご指摘通りで」とのタイトルでこんな記事を綴らねばならない結果に。

「反省中。(中略)前回ウソだと言っておいて、今回沈黙すると、それはホントだという事になりますよ、と言われて『なるほど・・・たしかに』と思いました。応援してる人にしたら、そう考えますよね」

「これまでの噂?というのは、ご存知のように、両方知り合いだったり、時期が時期だったりと僕自身が感じたコトを書いてきたので、あそこまで波紋を呼ぶと思ってなかったのは、軽率だったと思ってます」

「で、メールしたら相変わらずで、僕は爆笑しましたが、もちろん今は、そんな気持ちではない人達がたくさんいると思います。どういう表現が正しいのかわかりませんが、ああいう男ですからいずれ自分の口で言うのだと思いますし、そのコトバを信じれば間違いないのではないでしょうか?」

福島氏にしてみれば、これまでのことは友人を擁護する気持ち、さらには友人のファンを大切にする思いから何気なく書いたことだったのだろう。

一部のファンの挑発に、ここまで誠意を持って対応する彼はとことん「いい人」としか言いようがない。

また、そんな中でもさりげなくウワサを否定するようなコメントを発してくれたことでホッとしたファンも多かったようで、

「カツシゲさん、いつもありがとうございます。これからも健くんとのエピソード書いてください!」
「一部の心ないファンの発言、申し訳ないです。そんななかメールまでしてくださったカツシゲさんには本当に感謝してます」

など、感謝のコメントが続いた。

「ただ、やはり友人だと言って(あ、もちろん友人ですが)色々とブログなどで書くのは、いけないとモーレツに反省中です。」

......とのことで、今後、福島氏が三宅の恋愛ごとについて触れることはなくなってしまいそうなのは残念でならないが、一部の行き過ぎたファンの攻撃に負けず、ふたりの良好な友人関係が長く続くことを祈りたいものだ。

記事出処:サイゾーウーマン

彼の為にと思い良かれと思って発言した事で
思わぬ形でとばっちりを受けた福島氏。

恋愛ごとは第三者が口を出す事ではないですね。

本人のコメントを待ちましょう。


⇒リアルエンタメスクープ。記事一覧 相互リンクについて

UP人気タレント情報、芸能人ブログが大集合芸能界のうわさ

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
人気記事
    リアルエンタメスクープ。最近記事
    フォレックス・ドットコム
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。