山P主演ドラマが低視聴率続きで打ち切りの可能性。 - リアルエンタメスクープ。芸能界・芸能人情報を発信。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

山P主演ドラマが低視聴率続きで打ち切りの可能性。

NEWS脱退した山下智久のソロ初となる主演ドラマ
「最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜」。

2月2日に放送された第4話の視聴率が9.1%、9日の第5話が
9.8%と連続で一桁台に陥り、

最悪の場合、打ち切りの可能性も出ていると。
【初回限定盤A】山下智久 /...

【初回限定盤A】山下智久 /...
価格:1,500円(税込、送料別)



AKB48前田敦子、反町隆史、榮倉奈々、Hey!Say!JUMP知念侑李などの共演陣が脇を固め、放送前から高視聴率が期待されていたこの作品。

第2話では、Kis-My-Ft2玉森裕太が"刺殺される青年"という役でゲスト出演するなど、ジャニーズファンの間でも話題を呼んでいた......のだが、初回視聴率こそ15.3%を記録したものの、第2話では11.0%に転落。

4話以降は10%を切り、今後視聴率が上昇する可能性も低そうだ。

「『滑舌が悪い』『無表情』『何やっても同じキャラ』などと演技力を酷評されつつも、山下がこれまで俳優として認められてきたのは木村拓哉同様、"コンスタントに数字をとれる"存在だったからこそ。こうなってしまうと、今後『山下だから』というだけの理由で主役をつとめるのは厳しいかもしれませんね」
(制作会社関係者)

KAT-TUN亀梨和也との共演でヒットとなった『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)以降、『クロサギ』(TBS系)、『プロポーズ大作戦』(フジテレビ系)、『コード・ブルー』(フジテレビ系)、『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』(フジテレビ系)、『コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命― 2nd season』(フジテレビ系)と年に1度のペースでコンスタントに連ドラ主演をこなしてきた山下。

実はこれらすべての放送回の中でも、視聴率が10%以下に落ちたのは今回が初めて。

それだけにさまざまな声が世間を賑わせている。

「脚本や演出を批判したり、『低視聴率キャラ』であるAKB48前田敦子や反町隆史との共演がマズかった......など、責任を転嫁する声もありますが、やはり一番の原因は山下自身の人気の低迷でしょう。度重なる女性スキャンダルで株を落としたうえにNEWSからの脱退を宣言。これまで通りにファンがついてくると思っていたら危ないのでは」
(ジャニーズに詳しい記者)

昨年1月、4枚目のソロシングル「はだかんぼー」リリースの際には緊急握手会を開催して強引にオリコン週間ランキング首位を獲得した(既報)ことも話題になったが、それでも初動売上は前作(2010年「One in a million」)を10万枚近く下回っており、約1年半の間にいかに彼の人気が凋落してしまったかが見て取れる。

2月29日にはこのドラマの主題歌である「愛、テキサス」で、脱退後初のソロCD発売も控えているが、レーベルはこれまでの"ジャニーズエンタテイメント"ではなく、お騒がせ男・JIN AKANISHIと同じ"ワーナーミュージック・ジャパン"。

事務所の後押しがなくなることで、本来の人気や実力が試されるとも言える。

はたして本人が満足するような結果が出るのか、注目していきたい。

記事出処:サイゾーウーマン

人気低迷はNEWS脱退が効いていますね。

もし脱退しなければ視聴率低迷もなかったかも知れない。

今後ドラマで主演をする機会は少なくなるのでは?

度重なる女性スキャンダルちNEWS脱退騒動で、
今後の活動に黄色信号点滅か!?
⇒リアルエンタメスクープ。記事一覧 相互リンクについて

UP人気タレント情報、芸能人ブログが大集合芸能界のうわさ

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
人気記事
    リアルエンタメスクープ。最近記事
    フォレックス・ドットコム