実写版「ルパン三世」の峰不二子役は長澤まさみに。 - リアルエンタメスクープ。芸能界・芸能人情報を発信。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

実写版「ルパン三世」の峰不二子役は長澤まさみに。

昨年から噂されているのは、2度目の「ルパン三世実写化の話。

ルパンが小栗旬、次元大介が妻夫木聡、石川五ェ門は瑛太、峰不二子沢尻エリカが内定し、制作が始まると伝えられていた。

しかし、ここにきて不二子役が沢尻から長澤まさみに変更にされたと、「週刊実話」が報じてる。


記事によれば、不二子役は企画立案当初から沢尻に出演をオファーしていたが、彼女からは離婚問題を理由に返事を先延ばしにされていたという。

そんな折に映画『ヘルタースケルター』で全身整形美人の元風俗嬢・りりこ役でオールヌードを披露すると報じられた。

ルパン制作側は、沢尻のヌードというアピールポイントが二番煎じになるのを避けるため、沢尻から長澤へ変更したという。

今回の実写版は、アニメと同様に不二子を主役としており、長澤のフルヌード、ルパン役の小栗との濡れ場や敵に捕まり性的な拷問を受けるシーンまでもあり、R-18指定になる可能性もあるのでは、と報じている。

長澤が所属する芸能事務所の東宝芸能は、彼女にセクシーシーンをやらせないようにしていると伝えられていた。

しかし、昨年は映画『モテキ』で、主演の森山未来に口移しで水を飲ませるシーンや、推定Fカップの胸をわしづかみにされるシーンなどを披露しているため、徐々に解禁傾向にあるようだ。


「長澤と同年代の蒼井優や井上真央、吉高由里子などは、すでにドラマもしくは映画で代表作といえるモノを持っており、演技の評価も高い。彼女らの台頭とともに、10代の頃の人気も陰り始めた長澤は焦っていたともいわれています。そんな中、長澤はセクシーシーンがあった『モテキ』で、04年の映画『世界の中心で、愛をさけぶ』以来、7年ぶりにブルーリボン賞の助演女優賞を獲得しました。昨年の受賞に味を占めたのであれば、彼女らに対抗するためにと、今後肌の露出が増えていってもおかしくはないでしょう」
(芸能ライター)

長澤は4月からテレビ朝日系で始まる『都市伝説の女』というコメディタッチの刑事ドラマで、ミニスカ姿の"美しすぎるオタク刑事"を演じる。

まずは美脚からお披露目していく腹積もりのようだ。

09年に公開された映画『群青 愛が沈んだ海の色』では主演を務めたが、原作小説にある濡れ場を演じず、「期待ハズレ」と揶揄された長澤。

今度こそ大人の女性として、実写版『ルパン三世』で、セクシーシーンに果敢に臨む覚悟を決めているのかもしれない。

記事出処:メンズサイゾー

長澤まさみの不二子ちゃんなら見てみたいですね。

「モテキ」であれだけのシーンを演じたのですから、
期待しちゃいますね。
⇒リアルエンタメスクープ。記事一覧 相互リンクについて

UP人気タレント情報、芸能人ブログが大集合芸能界のうわさ

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
人気記事
    リアルエンタメスクープ。最近記事
    フォレックス・ドットコム