芦田愛菜の南極大陸のギャラは1本200万だった!? - リアルエンタメスクープ。芸能界・芸能人情報を発信。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

芦田愛菜の南極大陸のギャラは1本200万だった!?

新曲リリース、CM出演など未だ人気の衰えを見せない芦田愛菜

最近は一時期に比べれば比較的露出が減っているようにも見える。

レギュラーだった「メレンゲの気持ち」の司会を降板したことが明らかになり、仕事をセーブしているのかと思いきや、背後にはギャラ事情が絡んでいるよう。


芦田は、2011年の『マルモのおきて』(フジテレビ系)放送終了後から同年末までテレビで見ない日はないというほど、女優に歌手、タレントと大活躍だった一方で、「学校に通えていないのでは」という声も多数上がっていた。

あまりの露出ぶりからか、地方局の情報バラエティーでは「テレビから消えてほしい芸能人ランキング」1位になったことも。

「その頃になると『楽屋では仏頂面をしている』『“愛菜ちゃん”と呼ばれるとマネジャーが“芦田さん”と呼んでください! とキレる』といった、ネガティブな報道も相次いでいました。また数字に関しても、潜在視聴率11%以上と言われたのもかつての話で、今年に入ってからは一桁台後半程度だそう。『愛菜ちゃんが出ていればOK』という風潮も消えてしまった」
(芸能ライター)

今回の『メレンゲ』卒業に関しては、

「下ネタを得意とする久本雅美に、芦田の事務所関係者がいい顔をしなかったという声もあります。しかし、やはり一番の問題は費用対効果の部分では。芦田のギャラは収録1回で100万前後だそうで、潜在視聴率が低下する彼女にこの金額は出せないということが、降板に関する一番の原因でしょう」
(前ライター)

『マルモ』終了後からは、特に仕事を選ぶ傾向が強まっていたという芦田。

木村拓哉主演のドラマ『南極大陸』(TBS系)に出演して話題になったが、実は一度オファー自体を蹴っていたという。

「芦田のギャラは『マルモ』の時点で120万を超えていました。そもそも子役に100万を超えるギャラという時点で業界初なのですが、TBSは『南極大陸』のOKをもらうため、1本200万円を提示したそうです。結果的に芦田効果で視聴率は多少持ち直しましたが、ここまでギャラが上がってしまうと、そう簡単に次のオファーもこなくなってしまう。近年露出が減っているのもそのせいでしょうね」
(週刊誌記者)
【送料無料】「マルモのおきて」...

【送料無料】「マルモのおきて」...
価格:19,152円(税込、送料別)



出すぎていて、見ていて辛くなる」という視聴者の意見には合致した結果なのかもしれないが、こうした金銭面での駆け引きに小学2年生の芦田が振り回されるのは少々酷な話だろう。

オファーを選別するようになった結果か、最近では小学校に通う日も増えているというが、本来の小学生らしさを取り戻せるのであればよしとするべきなのかもしれない。

記事出処:サイゾーウーマン

1本200万!いやいや凄いです。

神様、仏様、芦田様って感じで子役界のキムタクと言っても過言ではない。


⇒リアルエンタメスクープ。記事一覧 相互リンクについて

UP人気タレント情報、芸能人ブログが大集合芸能界のうわさ

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
人気記事
    リアルエンタメスクープ。最近記事
    フォレックス・ドットコム
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。