奇跡の血液の持ち主のマツコ・デラックスに下された痛い診断結果。 - リアルエンタメスクープ。芸能界・芸能人情報を発信。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

奇跡の血液の持ち主のマツコ・デラックスに下された痛い診断結果。

マツコ・デラックスの身体はすごい!

その体重は2009年の時点で150kgだったことが明かされている。

これだけ体重があると様々な生活習慣病が気になるが、意外にもマツコ自身は自らの健康状態を「正常」とし、奇跡の血液さらさらデブと豪語していた。

果たして本当に健康体なのだろうか?


テレビでもたびたびラーメンやうどんをものすごい勢いで食するマツコが映し出されると、見ているこちら側が心配になってしまうほどだが、果たして本当にマツコは健康体なのだろうか。

2009年の『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)で、ナイティナイン・岡村隆史に「また太ったんじゃないの?」と指摘を受けたマツコ・デラックス。

マツコは

「最近、血液検査をしたら全部正常。奇跡の血液さらさらデブよ」

と豪語していた。

ナイナイには「全部異常に見えるけど」とツッコまれていたが、その後もたびたびテレビで自らを“奇跡の血液さらさらデブ”とアピールしていた。

このことは世のぽっちゃりに希望を与え、もはや都市伝説と化していたのである。

しかし、このたび『月曜から夜ふかし』(日テレ系)で、マツコの血液を公開検査することとなった。

検査方法は、ドロドロかサラサラか指をかざすだけで一目でわかる“血管美人”という血流観察システムで、採血して検査する方法に比べ、より細い毛細血管の状態がわかるのだという。

検査を担当した鶴見クリニックの鶴見隆史院長は、30年以上検査してきた経験から、マツコの体型で炭水化物が大好きという嗜好では「血液がサラサラなわけがない」と言い切った。

もしサラサラだったら「奇跡の生命体」ということになる。

血液サラサラしか、自慢することがない」と言っていたマツコだったが、検査をしてみるとやはり「ドロドロで詰まっている」、「早急になんとかしないとやばい状態である」と鶴見院長より診察が下された。

この結果を受け、マツコがひどく落ち込んだことは言うまでもない。

鶴見院長は「血液ドロドロ」について、酵素を多く含む野菜のすりおろしを食べたり、野菜の酢漬けをたべたりすると改善すると助言した。

いずれにしても肥満体型で炭水化物が大好きという人は、注意が必要のようだ。

自らを「奇跡の生命体かも」と期待を持つより、食生活の改善が先なのかもしれない。

記事出処:TechinsightJapan

あの体型で血液サラサラだったら本当に奇跡です。

しかし蓋を開けてみれば、やはりドロドロでしたね。

早急に食生活の改善が必要ですね。
⇒リアルエンタメスクープ。記事一覧 相互リンクについて

UP人気タレント情報、芸能人ブログが大集合芸能界のうわさ

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
人気記事
    リアルエンタメスクープ。最近記事
    フォレックス・ドットコム