相棒の最終回に大批判。次の相棒見つからず白紙状態。 - リアルエンタメスクープ。芸能界・芸能人情報を発信。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

相棒の最終回に大批判。次の相棒見つからず白紙状態。

相棒13の最終回が大批判され、水谷豊が評判で不機嫌になり、次の相棒のが白紙になったと関係者が語る。


3代目・相棒の成宮寛貴が卒業する「相棒シーズン13」がついに最終回を迎えた。
Geinou Ranking
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou ReadingGeinou Uwasa

注目された視聴率は20.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と文句のつけようのない結果だった。

「シーズン13の平均視聴率が17.4%。今シーズンの20%超えは実は初めてなんです。特に犯人が分かるラスト近くの分計は視聴率25%超えを叩き出した。最終回がいかに関心を集めたかが分かります」
(関係者)
Geinou Ranking
Geinou Ranking

ところが放送を終えてみると長年の「相棒」ファンから称賛どころか“がっかり”“つまらない”の大合唱が沸き起こったのだ。

相棒の甲斐巡査部長(成宮)は右京警部(水谷豊)からスカウトという形で特命係に配属されタッグを組み、数々の難事件を解決してきた。
Geinou Ranking
Geinou Ranking

最初は反発していた甲斐も右京の天才的ひらめきと行動力に心酔し、警察官として成長していく姿が描かれるなど、これまでの相棒シリーズとは一線を画す構成だった。

ところが最終回はこの2年半の間に暴力団や犯罪者たちを次々と独自の正義感で制裁する「ダークナイト」と呼ばれる人物が甲斐だったと判明。
Geinou Ranking
Geinou Ranking

しかも、甲斐の逮捕で上司である右京は「無期限停職処分」に。

「一番の問題はこの2年半の間に最終回の伏線が一度も描かれていないこと。恐らく最後は甲斐が犯人だという無理筋な結末ありきで脚本が練られたんでしょう。そもそも、刑事が犯人というのは刑事ドラマではタブー。業界ではネタ切れという声が囁かれている」
(ドラマプロデューサー)
Geinou Ranking
Geinou Ranking

注目を集めているポスト“相棒”もいまだに決まらないという。

「ジャニーズ枠から亀梨和也、ほかに成宮の所属事務所と非常に近い関係にある城田優。松坂桃李や東出昌大、さらには織田裕二……。そして、シーズン10をもって降板した及川光博の名前も挙がっていたが、いったん、全て白紙になったそうです。それも水谷の意向とか。今回の最終回の評判を聞きつけ、かなり不機嫌になっているらしい」
(関係者)
Geinou Ranking
Geinou Ranking

「相棒」頼みだったテレ朝は苦しい展開になってきた。

記事出処:日刊ゲンダイ

ダークナイトって。どこかのヒーローものか?

水谷豊の過去→ranking
水谷豊の情報→reading
水谷豊の秘密→ranking
水谷豊の噂→reading
⇒リアルエンタメスクープ。記事一覧 相互リンクについて

UP人気タレント情報、芸能人ブログが大集合芸能界のうわさ

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
人気記事
    リアルエンタメスクープ。最近記事
    フォレックス・ドットコム