松井珠理奈、初ソロ写真集売れず大苦戦。 - リアルエンタメスクープ。芸能界・芸能人情報を発信。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

松井珠理奈、初ソロ写真集売れず大苦戦。

SKE48松井珠理奈の初ソロ写真集「Jurina」が苦戦。


発売直後に「7万部突破!」のはずが…実態は大爆死。
Geinou Ranking
Geinou Ranking
Geinou Uwasa

2008年にSKE入りした松井は「10年に一人の逸材」と期待され、デビュー間もない11歳の時にAKB48のシングル曲「大声ダイヤモンド」の選抜&センターに抜擢されるなど異常なまでに運営の“推し”が強いエリート街道を突き進んできた。

かといって丸っきりの「ゴリ押し」というわけではなく、選抜総選挙でも上位にランクインしている。
Geinou Ranking
Geinou Ranking

写真集は表紙で手ブラ姿の上半身セミヌードを披露するなど限界ギリギリのセクシー路線。本人も「もうこれ以上のものはないんじゃないか!と思えるくらいの出来です!」とコメントし、バカ売れ間違いなしと思われていた。

その期待通り、発売初週はオリコンの写真集ランキングで1位を獲得。出版元のサイトや宣伝ポスターには「発売たちまち7万部突破!」という景気のいい文字が踊った。

だが、実際は在庫の山を抱えている状態だという。
Geinou Ranking
Geinou Ranking

「オリコン集計による初週売上数は2.2万部。AKBグループの総選挙上位の人気メンバーの中では低調といえます。7万部は刷り部数なのでしょうが、松井の人気を見越して出版社側が強気に出たようです。しかし、実際の売れ行きは期待ハズレ。大量に松井の写真集を仕入れた書店が『1冊も売れない』とネットに書き込んだことも話題になりました」
(芸能関係者)

ほかのAKBグループメンバーの初週売上と比べると、小嶋陽菜(27)の『どうする?』(宝島社)が5.4万部、NMB48の山本彩(22)の『SY』(ヨシモトブックス)が4.3万部とダブルスコア状態。


特に山本は松井とライバル関係といわれ、本人同士も「お互いに刺激になる」と意識しあっていたが、写真集売上では大きく引き離されてしまった。
Geinou Ranking
Geinou Ranking

それでも堅調に売れ続ければ巻き返しができるが、2週目の売上数は4049部、3週目は3643部。発売から3週間たっても累計3万部に届かず、徐々に売上が下がっている状態。

このままでは累計でも4万部に到達できるかどうか微妙だ。

前出の小嶋が累計11.3万部、山本が累計9.4万部と出版不況を吹き飛ばすかのような売上を記録し、それに続けとばかりに満を持して登場した松井が大コケしてしまったといえそうである。
Geinou Ranking
Geinou Ranking

「業界内では、一昨年末に発売された指原莉乃(22)のソロ写真集『猫に負けた』(光文社)以来の大爆死とささやかれています。指原の写真集はテレビ番組と連動した企画で高い売上が期待され、出版社の社員が意気揚々と『初版いきなり10万部スタートとなりました!』とTwitterでつぶやいていました。ところが、初週売上は2.4万部。現在の累計でも約3.7万部ほどで、在庫の山を抱えることになった。その悪夢が今度は松井の写真集で集英社に降りかかってきたというわけです」
(出版関係者)
Geinou Ranking
Geinou Ranking

指原も松井も人気は高く、実力も折り紙付きのはず。

だが、それと写真集が売れるかどうかはイコールではない。松井の写真集については、ネット上に以下のような酷評も数多く書き込まれている。

「18歳にしては老けすぎでフレッシュさがない」
「スタイルがいいわけでもないし、ちょっと厳しい」
「この老け顔で手ブラ程度じゃ興奮しないよ」
「熟女マニアなら手を出すかもってレベル」
Geinou Ranking
Geinou Ranking

しかも、松井は2014年12月に『週刊文春』(文藝春秋)で深夜のバー通いが報じられ、未成年飲酒疑惑が勃発。まったく釈明も処分もなく「完全スルー」だったためにファン離れが起きたといわれた。

また、9月にAKBの運営会社の申告漏れが報じられたが、その関連で人気メンバーが「家賃100万〜200万円のマンション」を与えられていたことが発覚。

以前にコンシェルジュ付きの高級マンションに住んでいると報じられていた松井が「家賃200万」の筆頭として名前が上がり、こちらもイメージダウンにつながっている。
Geinou Ranking
Geinou Ranking

「指原はブスキャラで売っているくらいですから、写真集が売れなくても出版社が困るだけで本人のダメージは少ない。しかし、松井はSKEのエースで美形というイメ―ジのはずだっただけに深刻。次世代のエースという期待も吹き飛んでしまった。これで『ゴリ押し』の印象が強まれば、運営から特別の寵愛を受けている事実も相まってファン離れが更に進んでしまうでしょう」
(前同)

このまま写真集の大爆死で完全に化けの皮がはがれてしまうのか、次世代エース候補の正念場といえそうだ。

記事出処:デイリーニュースオンライン

もう少し早く出してれば変わっていたかもしれませんが、今更出してもね?って感じ。

吹石一恵の過去→ranking
吹石一恵の情報→reading
吹石一恵の秘密→ranking
吹石一恵の噂→reading
⇒リアルエンタメスクープ。記事一覧 相互リンクについて

UP人気タレント情報、芸能人ブログが大集合芸能界のうわさ

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
人気記事
    リアルエンタメスクープ。最近記事
    フォレックス・ドットコム