藤原竜也、過去にいじめで海に投げ込まれる。 - リアルエンタメスクープ。芸能界・芸能人情報を発信。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

藤原竜也、過去にいじめで海に投げ込まれる。

藤原竜也が自身の過去を明かす。
No control [...

No control [...
価格:4,011円(税込、送料込)



NHKドラマ『海底の君へ』の試写会が1日に都内で行われ、キャストの藤原竜也と成海璃子が出席。
Geinou Ranking
Geinou Ranking
Geinou Uwasa

藤原は、いじめに遭った思春期から一つの思いを抱え続けて生きる主人公・茂雄を演じ、「居心地がよかった。僕に合ってると思いました」と語り、その理由を明かした。

いじめに遭って以来「ずっと冷たい海の底にいた」という思いを持ち続ける茂雄。
Geinou Ranking
Geinou Ranking

彼が同窓会爆破という過激な行動に出ようと思いつめたのはなぜか。“暴挙”に至った動機を解き明かしていくなかで、何の落ち度もない人間に対する過去の“いじめ”が、人生そのものを大きく狂わせてしまったという事実が次第に明らかになる…。

藤原は台本を読んだ第一印象として、「描かれていることをそのまましゃべっていけば成立するような脚本。そう何度も出会えないような台本だなと思いました」と絶賛する。
Geinou Ranking
Geinou Ranking

印象に残ったシーンに話題が及び、成海が「藤原さんと海に飛び込むという“大イベント”があって、なかなかないことなので楽しかったです」と答えると、「ちなみに、海のシーンはですね…」と急に立ち上がった藤原。

身振り手振りも交え

「すっごい寒い中で本番一発勝負で…」
「なんの躊躇もなく真っ先に海に飛び込んだ璃子ちゃんを見て、女優さんってすごいなと…」
「飛び込んだあと、璃子ちゃんが海の中で“茂ちゃん、茂ちゃん”って押すんですよ!」
Geinou Ranking
Geinou Ranking

と語り続ける藤原を見て大笑いする成海だった。

また、藤原は「いじめた経験もいじめられた経験もあって、いろんなことを考えながら演ってたんですけど…」と自身の過去を振り返り、「中学生時代、いじめで海に投げ込まれて、十数年、一度も浮かび上がれず息もしない(ような気持ち)で生きてきた気持ち、一つの思いを抱えて暗闇のどん底にいた気持ちというのは、居心地がよかったですね。僕に合ってると思いました」と告白。
Geinou Ranking
Geinou Ranking

そう感じた理由を問われると、「台本で、冒頭の(同窓会で同級生たちを前に)“僕と一緒に死んでください”というセリフを見ながら、“こういう役が多いな、俺”思っていました。一つの思いをずっと抱えて、這いつくばって、目的を達成するという役柄が好きなのかもしれない」と笑った。

記事出処:クランクイン!

昔のいじめと今のいじめは限度が違いますよね。今は歯止めが利きませんから。

藤原竜也の過去→ranking
藤原竜也の情報→reading
藤原竜也の秘密→ranking
藤原竜也の噂→reading
⇒リアルエンタメスクープ。記事一覧 相互リンクについて

UP人気タレント情報、芸能人ブログが大集合芸能界のうわさ

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
人気記事
    リアルエンタメスクープ。最近記事
    フォレックス・ドットコム