きゃりーぱみゅぱみゅオワコン化するのも時間の問題。 - リアルエンタメスクープ。芸能界・芸能人情報を発信。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

きゃりーぱみゅぱみゅオワコン化するのも時間の問題。

きゃりーぱみゅぱみゅが完全にオワコン化するのも時間の問題。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タイトル未定(初回限定盤) [ きゃりーぱみゅぱみゅ ]
価格:5405円(税込、送料無料) (2017/1/28時点)




13thシングル「Crazy Crazy (feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu) / 原宿いやほい」(ワーナーミュージック・ジャパン)が初動3,928枚に留まり、世間に衝撃を与えている。
Geinou Ranking
Geinou Ranking
Geinou Uwasa

18日にリリースされた同シングルは、中田ヤスタカのソロ曲とのダブルA面。「原宿いやほい」は、きゃりーが「原宿でいやほい!」と繰り返すサビが印象的な楽曲となっている。

しかし、1月30日付のオリコン週間CDシングルランキングでは、初登場15位と寂しい結果に。最も勢いがあった5thシングル「にんじゃりばんばん」の初動2万6,648枚の、約7分の1のセールスだ。
Geinou Ranking
Geinou Ranking

なお、初動が1万枚を切るようになったのは、おととし9月リリースの11thシングル「Crazy Party Night〜ぱんぷきんの逆襲〜」以降。10thシングル「もんだいガール」は、初動1万6,032枚のヒットを記録したが、「Crazy Party Night」で7,677枚までガクッと下がり、昨年リリースの「最&高」は初動5,009枚とさらに落ち込んだ。

「『最&高』は、楽曲の販促効果抜群といわれるコカ・コーラのタイアップがついていたにもかかわらず、大惨敗。これまでの2形態から、『原宿いやほい』は1形態のみでの発売だったことも数字が伸びなかった一因と考えられるものの、『原宿いやほい』のMVには既視感が漂い、『またこの感じか……』と世間に飽きられた感は否めない」
(音楽ライター)
Geinou Ranking
Geinou Ranking

きゃりーといえば、全盛期の2013年には12社のテレビCMに出演していたものの、ここ最近は激減。

おととし、『NHK紅白歌合戦』に落選した際には、自身のTwitterで「スタイリストさんが送ってくれた言葉が染みすぎて朝からずっと泣いてる」(後に削除)と悔しさをにじませていた。

「同じく中田ヤスタカがサウンドプロデュースを務めるPerfumeは、所属事務所のアミューズのイメージ戦略が成功しており、変わることなくファンがついてきている印象。一方、きゃりーは、恋愛スキャンダルや、ネット炎上、バラエティ番組進出などの影響で、カリスマ性が低下。下火感が否めない。来年で25歳を迎えることもあり、何か手を打たないと完全にオワコン化するのも時間の問題」
(同)
Geinou Ranking
Geinou Ranking

21日発売の著書『あたしアイドルじゃねぇし!!!』(東京ニュース通信社)では、「日本は異常だ」「異常に気づない人こそ、異常です」と、ネット社会に警鐘を鳴らすきゃりー。「カワイイ」のカリスマだった彼女は、一体どこへ行くのだろうか?

記事出処:日刊サイゾー

曲も詩も単調ですから飽きちゃうんですよね。

きゃりーぱみゅぱみゅの過去→ranking
きゃりーぱみゅぱみゅの情報→reading
きゃりーぱみゅぱみゅの秘密→ranking
きゃりーぱみゅぱみゅの噂→reading
⇒リアルエンタメスクープ。記事一覧 相互リンクについて

UP人気タレント情報、芸能人ブログが大集合芸能界のうわさ

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
人気記事
    リアルエンタメスクープ。最近記事
    フォレックス・ドットコム