岡田准一 身長が原因でドラマ企画が難航中。 - リアルエンタメスクープ。芸能界・芸能人情報を発信。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

岡田准一 身長が原因でドラマ企画が難航中。

V6岡田准一主演の「白い巨塔」の企画が難航中と。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

V6〜6人の絆、明日への誓い〜 [ 永尾愛幸 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/10/8時点)




そのドラマとは、かつて唐沢寿明らが主演を務めた、故・山崎豊子氏原作の『白い巨塔』で、テレビ朝日系が放送権を獲得しているものの、「岡田自身がネックになってしまい、ペンディングが続いている」(テレビ局関係者)という。
Geinou Ranking
Geinou Ranking
Geinou Uwasa

「『白い巨塔』は山崎氏の代表的な小説の1つで、過去に何度も映像化されています。“唐沢版”のドラマは2003〜04年にかけ半年間の二部構成で実現し、最終回の平均視聴率は32.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を叩き出したほどの大ヒットを記録しました」(芸能ライター)

当時はフジテレビで放送されていたが、ここ数年の間に、今度はテレ朝が、放送権を獲得していたという。
Geinou Ranking
Geinou Ranking

「さっそくテレ朝は、近年役者として評価の高い岡田主演で、この企画を進めようとしました。岡田はこのところ映画出演が目立ち、民放の連ドラに主演したのは07〜08年にかけて放送された『SP 警視庁警備部警護課第四係』(フジテレビ系)が最後。それだけに話題性も抜群だと期待していたんです。ところが、小説の版元である新潮社が、岡田の起用に難色を示しているといいます」
(前出・テレビ局関係者)
Geinou Ranking
Geinou Ranking

新潮社が岡田に否定的な理由は、亡くなった山崎氏の“こだわり”によるものだという。

「前回の唐沢をはじめ、オリジナルキャストとなる田宮二郎の時代から、主人公・財前五郎は高身長の俳優が主演を務めてきました。また、そもそも山崎氏には、主演の“体格”にこだわりがあったようで、2007年に映像化した『華麗なる一族』(TBS系)の主演を木村拓哉が担当した時も、ずっと『身長が低い』と不満を漏らしていたそうです。岡田の公式身長は、木村よりもさらに小さい170cmだけに、新潮社は『山崎氏のイメージにそぐわないこと』を懸念しているのでしょう」
(同)
Geinou Ranking
Geinou Ranking

故人の意向を尊重しようとしている新潮社に対し、それでも岡田を推したいテレ朝。「岡田本人には、まだ企画自体も知らされていない」
(同)

というが、無事に決着がつき、岡田主演の『白い巨塔』が見られる日は来るのだろうか。

記事出処:サイゾーウーマン

数字をとるか身長を妥協するか?どっちにする。

岡田准一の過去→ranking
岡田准一の情報→reading
岡田准一の秘密→ranking
岡田准一の噂→reading
⇒リアルエンタメスクープ。記事一覧 相互リンクについて

UP人気タレント情報、芸能人ブログが大集合芸能界のうわさ

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
人気記事
    リアルエンタメスクープ。最近記事
    フォレックス・ドットコム