水道光熱費比較。ドラム式洗濯機と浴室乾燥機 - 一人暮らし手取り26万。家計簿つけて節約貯金に励む


スポンサードリンク

水道光熱費比較。ドラム式洗濯機と浴室乾燥機

たて型洗濯機、ドラム式洗濯機、浴室乾燥機。水道光熱費の比較

11kgの洗濯機の場合、1回の洗濯にかかる費用は、たて型の場合消費電力は120Whで電気代3.24円、水量は93Lで水道代21.2円と合計で24.44円。ドラム式の場合、消費電力は69Whで電気代1.86円、水量は78Lで水道代17.78円と合計で19.64円。1回の洗濯にかかる費用は、ドラム式が4.8円お得に。

浴室乾燥機の消費電力は約1250W。ほぼ同じワット数のヘアドライヤーをつけっぱなしにしているようなもので、3時間の使用で電気代が約101.25円に。一方、ドラム型洗濯機の乾燥機能は、洗濯〜脱水43分と乾燥127分を合わせても電気代は24.3円(ヒートポンプ乾燥タイプ 洗濯機で脱水容量11kg、乾燥容量6kgの場合)と4分の1で洗濯機の乾燥機能がお得に。


水をためてすすぐ「ためすすぎ」に対して、「注水すすぎ」は設定水位に達したあとも給水しながらすすぐ方式で衣類のゴミや洗剤残りを落とせるメリットが。が、水を大量に使うため水道代は高くなるので、水道代が減る「ためすすぎ」がお得。


スピード洗いは、ふつう洗いよりすすぎと脱水の回数が減るため、電気代で20〜50%、水道代で最大30%程度の節約になり、時間も10〜30分の短縮になるので、すすぎと脱水が減るのでスピード洗いがお得。
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気記事
    リアルエンタメスクープ。最近記事
    フォレックス・ドットコム